【国際結婚】スペイン産の引き出物探し!~海外在住&日本で挙式編~

 海外在住で日本での結婚式を準備中です。夫がスペイン人ということもあり、「何か私たちらしい贈り物をしたい」と話し合いました。スペインに由来する品々でオリジナリティー溢れる引き出物を探しました。

日本の引出物

 日本の式場から送られてきた引き出物のカタログは、ものすごい量でした。そもそも日本の引き出物は…記念品+引菓子+縁起物という3点が基本。奇数(割り切れない数)で揃えるのが縁起がいいそうです。これまで出席した友人の結婚式を思い返しても、やはりこの3点セットが定番でした。友人は合計5,500~8,000円親族や上司は7,000~13,000円が相場とのこと。ただ、どれだけカタログを眺めても、どれも一緒に見えてしまい、ピンとくるものがありませんでした。

国際結婚ならではの引き出物

 ゲストへの感謝の気持ちを伝えるために、どうにか私たちのオリジナリティーを出せないものか…。そこで思いついたのが、夫の母国スペイン由来のプレゼントです。基本的に引き出物は日本人の列席者を対象と考えていたため、“スペインの美味しいお菓子やお洒落なお土産は、きっとユニークで喜ばれるはず!”という考えに至りました。こうして、スペイン産の引き出物探しがスタートしました。

新郎新婦

スペインならではの引き出物

記念品

 マドリードに旅行した際に、お洒落なスペイン産オリーブオイルをたくさん見かけ、贈り物にぴったりだなと感じました。現地にはおしゃれな容器で売られているものもたくさんあります。ただ、スペインで調達となると、郵送が心配でした。

オリーブオイル

 そこで日本にあるインターナショナルマーケットなどを調べましたが、家庭用の飾り気のないものばかり。試行錯誤の上、日本国内の輸入販売店に個別で問い合わせました。ありがたいことに、ネット上でスペイン産のオリーブオイルを専門で取り扱っているお店がいくつか見つかりました。「引き出物用に特別なラッピングをして日本語の説明書も同封します」と一番丁寧に対応して下さったお店に決めました。事前に内容表示や包装など、細かい部分まで写真で確認をさせてもらいました。やはり日本人のいるお店の方が引き出物についてよく理解しているし、安心してお任せできます。

引菓子

 引菓子は、スペインではクリスマスシーズンのお菓子として知名度の高い、トゥロンが第一候補でした。以前も紹介したAlmendroPalitos de Turron(パリートス・デ・トゥロン)(詳しくは⇒こちら)が第一候補だったのですが、日本で販売しているお店は残念ながらありませんでした。ポッキーのようなスティックタイプなので、郵送中のダメージも気になり、スペインからの取り寄せは断念。標準的なトゥロンは日本のインターナショナルマーケットでも見つかりましたが、引菓子向けの上品にラッピングされたものは見つかりませんでした。

 そこで発見したのがスペインの伝統菓子を日本国内で手作りしているお店です。スペインで修業をしたパティシエが開いたお店で、センスの良い可愛いお菓子がたくさんありました。

洋菓子セット

 一先ず詰め合わせを1つ購入し、実家の家族に発送して味見してもらいました。お洒落で美味しいお菓子ばかりで、問い合わせのメールへの対応もとっても丁寧でした。さらに、引菓子用に日持ちをするお菓子を上品な箱に詰め合わせた、通常は販売していないセットを提案してもらいました。ここでも、日本のお店ならではの細やかな気遣いのおかげで、とても安心してお願いできました。

縁起物

 最初に縁起物として検討していたのは、以前おすすめのお土産として紹介したイビサ島の塩です。パッケージが可愛く、このサイズならスペインのオンラインショップで一括購入し、義両親に来日の際に持ってきてもらえそうです。ただ途中で気が付いたのが、“結婚式の引き出物で塩って微妙じゃないかな…”ということです。

イビザ島の塩

 散々探してたどり着いたのが、スペインのばらまき土産の一つ、La violetaのキャンディーです。見た目が可愛く、小さいのでスペインから持ってきてもらえそうです。オンラインショップで簡単に一括購入できるのも助かりました。

スミレキャンディー

 こうして、自分たちらしい引き出物が決定しました。オリジナルの引き出物は持ち込み料が発生してしまいますが、私達らしいプレゼントにたどり着くことができたと感じています。ゲストの皆さんに喜んでもらえたら嬉しいです!
コロナ渦で結婚式を延期した話は⇒こちら
その後キャンセルした話は⇒こちら
スポンサーリンク