【海外移住】アメリカへ引っ越し!日本から持って行った必需品!!

 国際結婚をしてアメリカに移住しました。事前にアメリカに滞在した1か月の間に「日本から持ってきたい」と思ったものを片っ端からメモ。次の帰国でスーツケースに詰め込んで運びました。日本から持ってきてよかったものを紹介します。

①キッチン用品

調理器具

 アメリカの包丁は切れにくいです。割といいお値段の新品を購入したのに、切れにくくて数回小さなケガをしました。安物でも日本の包丁の方がちゃんと切れます。ちゃんと梱包して機内持ち込みではないスーツケースに入れ、無事運びました。また、海外であると便利な菜箸、アメリカのものは単位が異なるのではかり計量スプーン。オープナーがないと開けられない缶詰が多いので缶切りも持ってきました。

②フェイスパック

フェイスパック30枚入り

 これはアメリカについて早々に『日本で買うものリスト』に載りましたた。アメリカは紫外線が強く乾燥しているのに、大容量のフェイスパックが手に入りにくいです!コスパの良いものを買い占め、スーツケースに詰め込みました。(追記;日系スーパーで大容量フェイスパックを発見!

③ヘアオイル

ヘアオイルと詰め替え

 行きつけの美容室で「ヘアオイルだけでも日本のものを使ってください。外国のものはやっぱり髪質に合わないから。」と言われたので多めに日本から持ってきました。ドライヤーも日本で購入したお気に入りのものを持参。(関連記事;「ヘアードライヤー『ナノケアEH-NA99』はアメリカで使えるか?!」)安全に使うために変圧器(これがなんと3.5㎏!)も買いました。

④生理用ナプキン、ライナー

コットンライナー

 アメリカの生理用品は高くて質が悪いです!(詳しくは⇒こちら)日常使いするライナーは家族が遊びに来る際にお願いして持ってきてもらっています。アメリカでも1か月で思い知ったので、クッション代わりに荷物の空いたスペースに入るだけ詰め込みました。(追記;日系スーパーで日本のナプキンを発見!

⑤歯ブラシ

歯ブラシ2つ

 アメリカのスーパーに並んでいるいろんな歯ブラシを試しましたが、夫も私も日本の歯ブラシが一番、という意見です。アメリカのものはヘッドの大きさや毛の細かさなど好みに合わないです。これも軽くて荷物の隙間に入るので大量購入しました。

⑥化粧品たち

日本の化粧品

 日本にいるうちに化粧品も買いしめました。アメリカの日系スーパーやネットショップで手に入るものもありますが、取り扱いがないものもあります。写真に写っているものの倍は運んだと思います。

⑦家庭用脱毛器

ケノン

 ずっと前に購入したけれど、日本では忙しくてあまり使ってこなかったケノン。購入した変圧器でちゃんと作動するか不安でしたが、大丈夫でした。カートリッジも余分で持ってきました。(関連記事;「家庭用脱毛器『ケノン』はアメリカで使えるか?!」)

スーツケース?ボストンバッグ?

 今回の移動は一人。荷物の上限は、エコノミーなので23㎏×2と機内持ち込み×1でした。スーツケースが一つしかなかったので、片方は壊れてもいい大きめのボストンバッグを使いました。ボストンバッグを国際線で預けたのは初めてでしたが、壊れにくいものや重すぎないものを詰めたら、何の問題もなかったです。ただ、上限ギリギリまで詰め、さらにその上にボストンバッグを乗せてゴロゴロしていると、スーツケースのキャスターが壊れました。たくさんの荷物を一気に運ぶ際は、注意が必要です。

上限ギリギリまで詰め込んで日本から運んだ物品で、アメリカでの新生活は今のところ非常に潤っています。ただ、次回の一時帰国もからのスーツケースを満タンにして、日本の物資を運ぶことになりそうです。
スポンサーリンク