アメリカの返品・交換は自由自在?~店舗購入した商品を返品した方法~

 アメリカ人は何でもかんでも返品・交換するのが当たり前。購入したパーティー衣装を一回だけ着て返品したり、何なら食べかけのものを返品してrefundしてもらう人もいるそう。確かにアメリカに来てから、アパレルショップのレジで返品の交渉をしている人をよく見かけます。流石に一度着たものを返品しようとは思わないけれど、先日実際に購入済みの衣類を返品・返金してもらいました。

購入したけど返品したい…

シャツとレシート

 Nordstorm rackで購入した夫のシャツ。私のチェックなしで一人で試着して購入したのですが、家に帰って合わせてみるとどうみてもサイズが合ってない!何も考えずプライスタグを取り外し、捨ててしまっていたのですが、これがきっかけで初めてアメリカの返品・交換システムを利用することになりました。

Return Policyをチェック

レシート

 とは言え小心者の日本人。Nordstorm rackの公式サイトで返品・交換規約をチェックしました。「購入から45日以内。プライスタグ・付属品つきでレシートも持参すること。」と書かれていました。え、タグ切って捨てちゃった。

 ところがネットの様々な書き込みを読み漁っていると、タグなしで返品した人や、レシートがなかったけれどクレジットカード決済だったのでカード履歴から検索してもらった人など、皆さん非常に柔軟に対応してもらっていました。シャツは新品と何ら変わりない状態。…いけるんじゃない?公式のリターンポリシーと合わせて、返品・交換経験者の情報を調べてみるのも有効です。 

購入済み商品をお店で返品

レシート

 意を決して最寄りのお店に持って行きました。しかも、訳あって購入した店舗とは別の店舗に持って行きました。結果から言うと、何の問題もなかったです。レジのお姉さんがざっとシャツを確認し、レシートをスキャン。「タグは切ってしまいましたが一度も着ていません。」と説明しました。すると、一瞬で返品完了。「クレジットカード経由で返金される」と言われました。学んだことはただ一つ。こんなに簡単に返品・交換できるのならば、レシートやプライスタグはできるだけとっておいた方がいいです。

アメリカの返品・交換システム

スーツとレシート

 サイズ交換も考えましたが、別のお店でもっと安いシャツが見つかったので、今度はサイズをよく確認して購入。Nordstorm rackではRefundしてもらったので代わりにジャケットを買いました。サイズの合わないシャツが素敵なジャケットに変身しました!お店側は結構損しているのではないかと感じますが、アメリカの返品・交換は非常に柔軟で有難いと感じました。貸衣装のように、返品・交換ありきで購入するのはやっぱり詐欺のようで気が引けますが、いざという時にとても助かります。

スポンサーリンク