アメリカ版Netflixで日本のドラマにハマる!おすすめ&外国人の反応!

 アメリカ版Netflix無料1か月トライアルをしてみました。日本のドラマ、洋画、ライブ映像などを、毎晩寝不足気味で視聴しています。おすすめのシリーズや外国人の夫も楽しめた日本のドラマを紹介します。

アメリカ版Netflix

 日本でも友人がどっぷりハマっていたNetflix。アメリカ版は月額$8.99で見放題です。ネット環境があればテレビなしでも見ることができ、コマーシャルもありません。英語やスペイン語の字幕が付けられるのもありがたいです。どういうわけか日本ドラマにハマった私たち夫婦は、日本語音声&英語字幕で、1か月間毎晩Netflix漬けでした。

おすすめの日本ドラマ

 日本ではこれまであまり日本のテレビドラマは見てこなかったのですが、アメリカやメキシコのテレビドラマを追うようになった今、「日本のドラマもいいな」と改めて感じました。個人的に気に入った順で紹介します。

火花(Spark)

 ピース又吉さんの芥川賞受賞作品のドラマ版。芸人の青春時代10年間が、1年1エピソードで描かれています。20代後半のうまくいかない時期や変化する人間関係など、まるで芸人さんの青春時代を一緒に駆け抜けた気分になりました。季節の描かれ方人生と共に変化していく東京住まいやファッションも好きでしたが、とにかく俳優陣の演技力を見せつけられました。実在するコンビとして大会に出れるんじゃないかというくらい、漫才もリアルで完成度が高かったです。ただ、漫才に馴染みのない日本語中級の外国人には関西弁が喧嘩をしているように聞こえるそうで、日本語中級の夫はいまいち楽しめなかったようです。

恋のツキ(Love and Fortune)

 アラサー女のリアルを描いたコミックの実写化。アラサー疲れの主人公が「ハズレを引き続ける」人生の中で、急に「イケメン高校生」を当ててしまう。設定はコミックだな~と思うのですが、これも季節感東京暮らしが丁寧に描かれていて一気に見てしまいました。浮気は断固反対派なので、同棲する彼氏がいながら、うんと若い高校生を誘惑する主人公にモヤモヤする場面もありました。正直夫が喜んでいたのは度々出てくる激しいラブシーンでしたが、アラサー女の抱える、転職、結婚、出産などのどうにもできないストレスがたまらなくリアルでした。

夫の○○○が入らない(My Husband Won’t Fit)

 衝撃的なタイトルで見始めました。ストーリー自体はぶっとんでいてついていけないところも多々あるのですが、どう終わるのかが気になって夫婦で最終話まで見ました。性生活に問題を抱える夫婦の葛藤。この夫婦が大事なことをなかなか話し合わない!ま~じれったいでのですが、お互い傷つけ合いながら愛とは何かを模索していきます。個人的には、前半に描かれている質素な大学生活がなんだか懐かしかったです。夫は夫婦生活について考えたようで、私たち夫婦に子どもができる夢を見たそうです。

宇宙を駆けるよだか(SWITCHED)

 こちらもコミックの実写化。Netflixオリジナルドラマだそうです。予告編は面白そうだし、メインキャラクターの女子高生二人は最近よくドラマで見かけるお2人。対するメンズ2人はジャニーズWESTの人気者。ストーリーはよくある入れ替わりものですが、まぁ~展開が速くて感情移入できませんでした。また、やはりタレントさんはタレントさんのようで、キラキラのアイドルオーラに違和感が拭えませんでした。ただどんどん話が進んでいくので一気に見られます。ネット検索すると海外のジャニーズファンたちが萌えまくっており、そのコメントを読むのも面白かったです。

深夜食堂(Midnight Diner)

 こちらも漫画が原作。新宿の深夜営業の小さな定食屋「めしや」を舞台に、心がほっこりするようなお話が展開します。一話完結型なので隙間時間に気軽に見るとことができ、落ち着いたストーリーばかりなので安心して見れます。実力派俳優たちの醸し出す安定感も心地良いです。趣のある渋いドラマですが、夜見るとお腹がすきます

南くんの恋人(My Little Lover)

 何度も映像化されている漫画原作の「南くんの恋人」。ちゃんと見たことはなかたけれど、設定は知っていました。少女漫画的なキュンキュンが続くのですが、アラサーおっさんの旦那Mi Amorはあまり楽しめなかったよう。日本語のリスニングにと数話見ましたが、途中でやめてしまいました。その後無料動画サイトに上がっている、過去にTVドラマ化された映像を鑑賞。1994年の初ドラマ化の映像がレトロで一番楽しめました。画質は悪いですが、Netflixトライアル後にそちらを動画サイトで鑑賞することになりました。

映画

 まるでレンタルDVDやさんの棚がTVに収納されているかのように、洋画の選択肢も豊富です。「スターウォーズ」や「ロード・オブ・ザ・リング」などの王道映画をはじめ、アニメ映画「ルパン三世 カリオストロの城」や「リメンバー・ミー(Coco)」など、お子様向けのものもたくさんありました。少し時間のある週末の団欒タイムが一気に華やぎました。

ライブ映像も

 嬉しかったのは宇多田ヒカルの2018年年末ライブツアー「Laughter in the Dark」が鑑賞できたこと。大画面&大音響にすると、ほぼライブに行った気分になります。とっても良かったので家にいる時間に繰り返しつけました。他にもビヨンセ星野源のライブ映像もよかったです。

 トラアル期間がそろそろ終了するのですが、ひとまず我が家は契約しない予定です。毎月$9を安くとるかどうかですが、2人暮らしでもとをとろうとすると、結構な時間を割いて半強制的に視聴することになりそうだからです。アメリカはチャンネル数も多いので、上手いこと録画してCMを飛ばせば、好きな時に見たいものが見られます。ただ、普通のアメリカのテレビでは視聴できない日本のドラマがNetflixにはあふれていたので、30日間満喫できました。日本語ロスになったらまた契約するかもしれません。
スポンサーリンク