【新型コロナ】お葬式に行けない!海外在住日本人、帰国を諦める。

 先日大切な人が亡くなり、急遽帰国をしようと試みました。航空便の運休、陰性照明の提出、公共交通機関の利用禁止、2週間の自主隔離…。新型コロナウイルスによる入国制限の影響で、泣く泣くお葬式への出席を諦めました。コロナ渦の海外在住者の苦悩を綴ります。

航空便の運休

訃報を聞いてすぐに飛行機を調べると、翌日の夜の便で2日後の昼に到着する便がありました。時差の影響で、この時点でお通夜に出られないことが確定。お葬式もギリギリ間に合うかどうかという状況でした。私の実家は地方です。公共交通機関の利用が禁じられているため、東京で入国してしまうと国内線への乗り換えができません。そこで近隣国で乗り換えて、地元の空港に直接入国しようと考えました。ところが、航空会社のコールセンターに問い合わせると「日本で緊急事態宣言が出ているためその便は運休になっています」と言われてしまいました。

空港

陰性照明

現在海外から入国する全ての人に出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられています。かかりつけの病院には日本人ドクターもいるため、大使館ホームページで取得した陰性証明書の記入をお願いできないか連絡しました。すると「無症状の患者の検査は受け付けていない」との返答。飛行機の予約も検査証明の取得もめどが立たず、この時点でかなり焦りはじめました。

医者

空港からの移動手段

地元空港から実家までの移動手段も問題でした。公共交通機関の利用が禁じられているため、電車もバスもタクシーも使えないのです。私は運転免許を持たず、迎えを頼める親族もいません。関東では帰国者専用のハイヤーが何社か出ているようですが、地方の空港周辺ではなかなか見つかりませんでした。

スーツケースとかばん

2週間の自己隔離

それでもなんとか帰省しようと考えていましたが、調べていくうちに実家での2週間の自己隔離も心配になりました。大使館からは「別室にこもり、ご自身もご家族もマスクを着用してください」と指示されました。でも、もしも空港や飛行機で感染し、誰かにうつしてしまったら…そう考えると、慌てて帰省して葬儀に参列すること自体、周囲にとってはリスクになり得るのだと感じました。現に、帰国してすぐ葬儀に参列することは、自主隔離の要請を無視することになります。ここでついに、お葬式に出ることを諦めるこのタイミングでの帰国をやめよう、という判断に至りました。

 それから数日間は、自分の目で確かめられなかった大切な人の死を、どこかで受け止めきれずにいました。遠く離れた日本でお通夜やお葬式があっている時間には、無力感に襲われました。それと同時に、1人の人間の死がどれほど多くの人に深い悲しみと苦しみを与えるか、考えさせられました。この新型コロナがはじまってから、毎日繰り返される「今日の死者数」という報道に、正直もう慣れっこになっていました。身近な人の死を通じて、その1つ1つの数字の重さを思い知った気がします。日本人でも、簡単には母国に帰れない。1日も早く、この異常な日々が収束してほしいです。
ワクチン接種の話は⇒こちら
スポンサーリンク