海外で人気のスプレッドnutella!味・ココアアレンジ・ヌテラドッキリ!

 先日スペイン人の夫とここアメリカでスーパーに行った時のこと。夫が急に「ヌテラ タベタイ!」と言い出しました。「チョコレート味の、パンに塗って食べるスプレッド」だと熱心に説明してきます。はちみつやジャムのあるコーナーに連れて行くとありました、nutella‼ヌテラのお味、ヌテラココアへのアレンジ、海外のブラックジョーク、ヌテラドッキリについて紹介します。

nutellaとは

 調べてみると、『nutella』はもともとはイタリアの会社の製品でした。ヨーロッパやアメリカでロングセラーのスプレッドですスペイン人の夫にとっても、“懐かしい味”のようです。今回のように急に思い出して食べたくなって、見つけたときは昔の友人に再会したときのような気持になるとのこと。私たちがカリフォルニアのスーパーで購入したヌテラには『Made in Mexico』と書いてありました。

nutellaはどんな味?

 家に帰って早速実食。書いてある通り、そのまま『Hazelnut Spread with Cocoa』のお味でした。ヘーゼルナッツの香りが強めの、塗るチョコレートです。

ヌテラ

パンに塗ってみました。ちょっと粘り気もあるのですが、ピーナッツバターなどとくらべると柔らかくてて広げやすいです。強烈に甘いわけでもないので、美味しく頂けました

ヌテラとパン

 ちなみにカリフォルニアの室温保存だと、夏場は若干トロッとしています日本であれば、夏場は冷蔵庫に入れるかもしれないです。

nutellaココアアレンジ

 ヌテラをホットミルクと混ぜ合わせてココアにアレンジしてみました。やはりナッツの香りが強めですが、ちゃんとココアになりました。甘くてあったかいので、寒い日に美味しく頂けそうです。生理期間中のコーヒータイムの代用にも良さそうです。ココア

外国人ウケするnutellaドッキリ

 後日夫が動画サイトで大量にアップされている『nutellaドッキリ』動画を見せてくれました。トイレに入っている人に「トイレットペーパーがなくて…取ってもらえませんか」と嘘をつき、トイレットペーパーを渡そうとしてくれた人の手や靴に、nutellaをべっとりつけるというとても下品なドッキリです。他人の良心を弄んで笑いにする動画に私は全く笑えませんでした。そもそも食べ物でトイレ系のジョークをするあたりもついていけません。あまりに冷めた私の反応に夫も失笑。我が家では封印されたヌテラドッキリですが、あれだけたくさんの動画が投稿されているところからすると、海外ではポピュラーなドッキリのようです。

 nutellaをゲットした夫は上機嫌。この日から夜寝るころになると「ヌッテラ タベタイ」「ヌッテラ タベタイ」と繰り返しながらキッチン周辺を行ったり来たりするようになりました。カロリーが気になって思いきりが付かないようで、「もう食べればいいじゃん」と言っても「ダメ!!」と自制します。深夜台所に出現するこの臆病な妖怪を、うちでは“妖怪ヌッテラ”と呼んでいます。
スポンサーリンク