【海外滞在時】既に予約済みの飛行機に合わせ新しい航空券を購入!

 アメリカ暮らしも板についてきたころ、国際結婚の手続きのため日本への一時帰国が決まりました。夫婦で一緒に帰国したいけれど、私は購入済みの往復航空券の復路を利用、夫はこれから予約します。同じ飛行機で帰国できるようあれこれ調整した方法を紹介します。

H.I.SのOPEN/FIX航空券

 今回私はESTAを使って短期でアメリカに来ていたため、往復で飛行機をとっていました。面接日が前後する可能性も踏まえ、H.I.S.でOPEN/FIXのチケットを購入済みです。日本で予約した際にH.I.Sのコールセンターに問い合わせ、現地から直接運航会社であるDELTA航空に問い合わせて、追加料金約3万円ほどを支払えば変更が可能と聞いていました。

同じ飛行機をおさえる!

飛行機発着情報 私の復路に合わせて夫の往路をとれば、変更料はかからないはずです!ネットで調べると同じ便にまだまだ空席がありました。そして、ちょうど私がとっていた座席の隣も空席でした。DELTAのサイトより、H.I.S.の方が安かったので、夫のH.I.S.アカウントを作成し購入しました。また、購入時、H.I.Sのサイトでアメリカ発行のvisaカードがはじかれてしまい、国内発行のクレジットカードを使いました。

隣同士の席に座席変更

飛行機の座席 次は座席変更をしようと、アメリカのH.I.S.支局に電話しました日本語・英語でテキパキした日本人のスタッフさんが対応してくれました。しかし結論は、H.I.S.に座席変更を依頼すると、有料とのことでした。

 今度はDELTAに電話です英語の自動音声で「コールセンターから折り返しがくる」と言われ、若干緊張しながら待ちました。数分後強そうな女性のオペレーターから電話が来ました。つたない英語で状況を説明すると、私のペースに合わせてよく聞いて、ゆっくり話してくれました。

プライムシートの落とし穴

 DELTA航空のオペレーターさんに調べてもらうと、夫の座席を私と並びの座席に変更するのに「かなりお金がかかってしまう」とのこと。理由は、どういう訳か夫の往路が『デルタ・プレミアムシート』になっていたからです。私のチケットより安く、出発日から3週間ほどの購入だったのにびっくりです。エコノミーにダウングレードするのに、どうしてもお金がかかってしまうと申し訳なさそうに説明されました。空港でもう一度試みてみる価値はあると言われ、当日出発前にダメもとでもう一度交渉することにしました。

国内線の外国人旅行者割引

離陸する飛行機 ちなみに、日本についてからの乗り継ぎで、国内線も予約しました。私の地元までの往復チケットですが、夫が観光目的の外国人であることで大幅に割引がききました。日本に居住していないこと、受付時に国際線復路のバウチャーとパスポートを提示することが必須です。

 何はともあれ、無事同じ飛行機で日本に帰れることになりました。そしてこの座席変更、結局搭乗当日にうまく行きます。しかも何と私までアップグレード!後日談は⇒こちら
スポンサーリンク