アナハイムディズニー!アトラクションやパレード、おすすめの服装!

 カリフォルニアディズニーに行ってきました。アトラクションやパレードの東京ディズニーとの比較や、初めて体験したアナハイムディズニーの感想を紹介します。

アナハイムディズニーはどんな構造?

 “アメリカでこういう荷物検査、意味あるのかな?”的なセキュリティーの後、いよいよ中へ。入り口で「プリンセス」とおだてられて顔写真を撮られました。アナハイムディズニーはディズニーランド』『カリフォルニアアドベンチャーパーク』に分かれています。ファストパスや乗りたいアトラクションによっては、一日の間に何度もゲートを行き来することになり、その度に係の人がバーコードをかざして顔写真をチェックします。

カリフォルニアディズニーの地図

 ちなみに方向音痴の私はどの乗り物がどっちにあったか記憶していないので、ここからはDisneylandCalifornia Adventureもミックスで書きます。

夢の国のシンボルは…

アナハイムディズニー

 入って最初の衝撃はお城が小さいということです。ちょうどこの日は工事中だったのですが、そういう問題ではなくとにかくコンパクトでした。アナハイムディズニーのお城は『眠れる森の美女』のお城です。東京ディズニーの、どんな角度で写真をとっても映り込む美しいシンデレラ城に慣れていると、少し残念な印象を受けます。

アトラクション

 この日は完ぺきにスペイン人のペースに合わせようと決めていたので、どのアトラクションに乗るかも全てお任せでした。一番最初に定番の一つであろうインディージョーンズに向かいましたが、「メンテナンス中」と係員さんが叫んでいました。取りあえず景気づけにPirates of the Caribbeanへ。後ほどインディージョーンズにも乗りましたが、どちらも東京ディズニーと大きな違いはありませんでした。

 そこから、絶叫OKメンバーはMr.インクレディブルの『Incredicoasterに。絶叫好きの人にはたまらないアトラクションのようですが、絶叫NGの私は遠慮しました。アナハイムディズニーは待ち時間が良心的。人気のアトラクションですが、1時間半くらいで戻ってきました。

夢の国でちょっと一服

 この後アトラクション“乗らない派”は“飲みたい派”に。昼から夢の国でお酒をいただいたのは初めてです。アルコールを飲むときはパスポートの提示が必要です。実際にはチェックが入らない人もいました。

ディズニーランドドリンク

パレード

ディズニーパレード

その後うろうろしていると運よくパレードに遭遇しました。なかなかテンション高めでよかったです!

夕暮れ時におすすめのアトラクション

ディズニーランド夕暮れ

  日が傾き始めてから、友人の強い勧めで最初にファストパスを取ったカーズRadiator Springs Racersへ向かいました。夕暮れ時ですごくきれいでしたが、後半は結構加速してフワッと感がありました。絶叫系が得意でない人には2回目以降の方が楽しめるアトラクションではないかと思います。

アナハイムディズニーの花火

 そこからまたまたゆっくり夕食をとっていると9時半ごろ花火が上がると聞きました。カリフォルニアは日の入りが遅いので花火も遅めです。花火の時間帯には、ディズニーとカリフォルニアアドベンチャーの間のゲートを出た位置に陣取っている人が多かったです。終わった後すぐ帰れるし、割とよく見えるからという理由のようです。私たちは一足先に帰路につきましたが、門の外だと音楽はあんまり聞こえませんでした。

これから行く人へアドバイス

 日本人の旅行者の方もたくさん見かけたので、初心者の私が感じたことを書いてみます。

①日差し対策&温度調節可能な重ね着

 私たちが言ったのは5月のはじめ、ちょうど日本のゴールデンウイーク頃。曇りと天気予報が言っていたので私たちは長袖で出かけ、昼からかなりの日差しで袖まくりをしました。それから、日焼け止めを持ってこなかったことを後悔しました。夕方からはぐっと冷え込んだので、帽子や日焼け止めなどの日差し対策はもちろん、折りたためる上着もあると日没後に重宝します。

②ファストパスは東京と同様

 今回一度だけ利用しましたが、ファストパスは日本と同様効率的です。チケットをかざして発券でき、待ち時間を短縮できます。基本的には日本のシステムと変わりません。ディズニーランドとカリフォルニアアドベンチャーを行き来するので、常連の友達は首から下げられるカードケースでチケットもファストパスもぶら下げていました。持って行くと便利です。

トイレは心配しなくてよし

 アメリカのトイレ事情はお察しの通りですが、ディズニーでは不自由しませんでした。途中でお酒を飲んだので何度もいきましたが、パーク内のトイレは数も多く、比較的きれいでした。レストランになっているところには大体ついているので、見つけやすかったです。それでもトイレットペーパーがあるか、流れるかのチェックはお忘れなく。

 思い返すと、こんなに座ってまったりしゃべっているディズニーは人生初。トータル3つしか乗っていません。それでも十分楽しめました。アナハイムディズニーは待ち時間が少なく、キャラクター出現率も高く感じたので、ディズニーファンはたっぷり楽しめるはずです!!

新エリア『StarWars:Galaxy’s Edge』 については⇒こちら

スポンサーリンク