AmazonもFedexも信用ならない!アメリカのガサツな配達事情!

 アメリカ暮らしを始めて驚いたことの一つが、AmazonやFedexの配達事情がかなり酷いということです。アメリカのオートロックや宅配ボックス、宅配業者のサービスについて紹介します。

アメリカ版Amazon

 車社会のアメリカ生活で一番良く使っているAmazon。アカウントは日本のものとは別で、アメリカのものを新しく作ります。無料アプリで、商品の追跡ヘルプセンターとのチャットができます。一見便利ですが、これが全然上手く機能しません。

 厄介なのは、一度アカウントの確認などでセキュリティーロックがかかると、本人確認でソーシャルセキュリティーナンバーを入力しなければ復旧できないことです。SSNを持たない私はすでにアカウントを2つこれで失っています。しかもログインできないアカウントから勝手にプライムメンバー費を引かれる始末。古いアカウントを削除し、返金してもらうのにかなり手間がかかりました。

 無料アプリでは購入履歴からチャットで問い合わせができますが、「では3分後に電話します」「24時間以内にメールします」などとこれまでに何度もこのカスタマーサービスにたらい回しにされてそれっきりになりました。

日曜は電話も出ないFedex

 Amazonと同じくらいトラブルがあったのがFedexです。一度Amazonで注文したものが行方不明になり、アプリでは『配送完了日時』として表示されていました。同じ日に、集合玄関の郵便ポストにFedexからの不在連絡票が貼られていたのですが、不在連絡票には、担当者の名前も、その後の対応も記載がありません

 Fedexもサイトで連絡票の追跡番号を入力するか、無料アプリでバーコードを読み取って検索をかけられます。検索してもヒットしなかったのでFedexのコールセンターに問い合わせましたが、日曜日はやっていませんでした。結局、この不在連絡票はFedexが誤って私たちのポストに貼っていたものでした。

オートロックがない住まい

 私たちが住んでいる築年数は結構いっていますが、一見モダンでプールやジムも付いたリノベアパートです。しかし、日本では常識のオートロックがありません。そのため、不在連絡票が貼られた日在宅だった!電話一本くれたら集合玄関まで受け取りに行ったよ!ということも多々あります。オートロックなしのアパートの場合、配達員は在宅かどうかの確認はしてくれません。

宅配ボックスも有料

 オートロックのない集合玄関ですが、代わりに宅配ボックスがあります。宅配ボックスは登録に$20かかりparcel pending』というアプリと連携しています。登録が有料のわりに、配達員がこの宅配ボックスを使ってくれないことも結構あります。また、時々エラーが発生するため、配達された日から4日以上受け取りがなければ、$3 per dayの保管費用も少々心配です。

古風なご近所預かりシステム

 荷物が紛失した際、迷宮入りして手も足も出なると連絡するのが不動産会社です。かなりの確率で「うちであずかってますよ」と言われます。うちは宅配ボックスを契約していないテナントの荷物は、隣接する不動産会社が預かるという古風なシステムです。ありがたいですが、紛失や破損で責任問題にもなりかねない気がします。

放置される荷物

 アパートの共同玄関や居室のドアの前に無造作に段ボール箱や小包が放置されるのも日常茶飯事です。うちでは宅配ボックス前にも常に宅配便が放置されています。誰にでも持って行けちゃうスタイルです。以前電子レンジをドアの前に放置されたときは、「せめてノックして教えてくれよ」と呆れました。

 アメリカに来て、日本の配達事情がどれほど恵まれていたかを思い知りました。いまのところ注文した商品が紛失したことはありませんが、オンラインショッピングは基本的に「届くか分からないもの」と思って待つようにしています。
スポンサーリンク