国際結婚!プロポーズを催促した話。スペイン人フィアンセの反応は?

 スペイン人のフィアンセとの国際結婚を目前に、プロポーズを巡って揉めました。プロポーズを省略されかけたときどのように催促したか、相手の反応、実体験を通して学んだことなどを書いてみます。同じような状況で悶々としている女性に向けての「プロポーズ回想録」です。

え、プロポーズないの?

 アメリカへ移住して数カ月。婚姻届け提出のための帰国が迫り、帰国前最後の週末が終わる頃、夫はゲームに没頭していました。「天気が良かったら景色がいい展望台に行こうか」と金曜日に話していたので、何もないまま日曜の夕方がやってきて私はがっかりしていました。今週末にプロポーズ的な言葉があるのかなと期待して待っていたからです。え、これはもしかして、プロポーズないの?

プロポーズをしない理由

  •  ずっと同棲してきて「いまさら」と感じる
  •  プロポーズなんてドラマの中の話でしょ?
  •  畏まって伝えるのが単に恥ずかしい

 プロポーズをしない男性にはそれぞれ理由(というか言い訳)があります私たちの場合は、夫rのアメリカ転勤で急に結婚が決まったため、どちらかが結婚を申し込んで、もう一方がOKしたのではなく、お互い話し合って決めた結婚でした。また、結婚のための事務手続きに半年以上かかっていたので、“いよいよ結婚する!”という実感もあまりなかったです(半年間の事務手続きの様子はこちら

プロポーズをしてほしい

 それでも、一生に一度のプロポーズ、ちゃんと決意表明をしてほしい!正直、自分のどこからこんな乙女チックな感情が湧き出てくるのか謎でしたが、ここはどうしても譲れなかったです。プロポーズにこだわらない女性もきっとたくさんいます。しかし、私にとってはどこからともなく湧いてくる強い思いでした。だから、早い段階から「婚約指輪はいらないけれど、プロポーズの言葉が欲しい」と夫には伝えていました。しかし、結論から言うと、私の思いはさほど伝わっていなかったようです。 

 よく、「映画に出てくるようなプロポーズを男性に期待するからがっかりする」、「受け身で女性的な心の持ちようを変えた方がいい」なんて意見があります。でも実際のところ「プロポーズなし」の状況では、女性側が考え方を変えるとかではなく、一生に一度の大切な瞬間を諦めるか、何とか催促してプロポーズをしてもらうかの二択だと私は思います。 

プロポーズを巡り口論

 一時帰国中の予定について話し合う際、婚姻届提出に先立つスペイン大使館での面接の後、東京で結婚指輪を買うことを決めました。(後日談『銀座の免税店で結婚指輪をゲット』)この流れでもう一度「プロポーズはちゃんとしてほしい。」と伝えました

 夫はこの展開が予想外だったのか「指輪を渡さないのにどうやってプロポーズするの?」「もう結婚するって決まっているのに、何を尋ねるの?」と心底不思議そうにこたえました。

…だめだ話が通じない!

プロポーズの意義を伝える

 そこから私は「どうしてプロポーズが大切か」を一生懸命説明しました。

  • ロマンチックに指輪を渡して欲しいのではなく、結婚する決意を言葉で伝えてほしい。
  • 一生に一度の思い出が、プロポーズを省略することで『事務的手続き』になってしまう。
  • 付き合い始めたときは「付き合ってくれる?」とちゃんと尋ねてくれて、本当に嬉しかった。
  •  
  •  
  • 確かに私たちの場合は順番が前後したけれど、プロポーズが嫌いな女はいない。
  • 減るようなものじゃないし、恥ずかしいという理由でないのならしてほしい。
  • プロポーズしてほしいな。してほしいな、プロポーズ…‼

プロポーズを催促された男の反応

 当時の夫は若干イライラした様子で「じゃあ、一時帰国までに慌てて指輪なしでプロポーズしろってこと?と極論を述べました。

 そうじゃない。でも、そうかもしれない。…分からなくなりました。ここで私は深呼吸。自分で立てた『主婦の掟』どおり、小さい声で寿限無を唱えて自分の気持ちをなだめました。もう諦めるしかない、この人には伝わらないと感じました結婚を目前に大きな喧嘩をしたくなかったため、私が食い下がりました。

少し時間をおいてみる

 悶々としながらシャワーを浴びてくると、急に夫が180度態度を変えてきました。「心配しなくていいよ。全部もともと計画してあったから」と。でっち上げにはかなり無理がありますが、彼なりに、私の気持ちを汲んで考え直してくれたようでした。

プロポーズ催促について

 人それぞれ『プロポーズ』についての考えは異なると思います。結婚自体、2人の他人が家族になるわけだから、理解しあえないことはあって当然です。それでも、どうしてもという気持ちがあるなら、一先ず一生懸命伝えてみるべきです結果プロポーズを催促することになります。後悔するリスクもあります。それでも、プロポーズは、一生に一度です。

 どうしても分かってもらえない、険悪になってしまうのならば、一度時間や距離を置いてみるのもありです。私たちのように、何となく解決する場合もあります。

 この後やってきた後悔、マリッジブルーは後編に書きます。つづきは⇒『【国際結婚】プロポーズを催促した話~後編~』へ!
スポンサーリンク