アメリカ式ランドリー!柔軟シートを使って洗濯&乾燥してみた!

 アメリカではアパートの共同ランドリーでの洗濯が基本。多くの住人が、乾燥機に何やら白いシートを入れてることに気が付きました。その正体は、Dryer Sheets(柔軟シート)。実際に使ってみて効果を検証しました。

Dryer Sheetsとは

 スーパーの洗濯洗剤売り場を物色してみると…あります!噂の“白いシート!”外干しよりも洗濯乾燥機が主流のアメリカで、柔軟剤の代わりに洗濯乾燥機に入れるものです。105枚入りで$5くらいです。1回1枚使ったとして単純計算で1回5円以下。悪くないですよね。ダウニーの香りOutdoor Fresh(お日様の香り的な?)など、選択肢も豊富です

  • しわ防止
  • 静電気防止
  • 香りをプラス

などの効果があるそうです。「ああ、本当の外干しをしたいな~」と思いながらOutdoor Freshを購入してみました。

柔軟シートを使ってみた

ランドリーシート

 開けてみると、本当に薄い繊維質のシートが折り重なって入っています。香りはわりと強烈。使い方は、洗濯機から洗濯乾燥機に移すときに、衣類の上に1枚置くだけです。そのままいつも通りスイッチオン!

効果を検証

 楽しみにしていた洗いあがり。(というか乾きあがり。)洗濯物を畳みながらいつもより衣類のガサガサ感が減っている気がしました。どちらかというと、ふんわり、しっとりした手触りです。そして、いかにも「外国で洗濯しました」という香りがしました。とはいってもベーシックな香りを選んでいるので、気になるような強烈な香りではありません。

柔軟シートと洗濯物

 柔軟シートなしと比べてみました。

洗濯物

本音を言うと、う~ん、いまいちわからない(笑)

 確かにタオルは柔軟シートありの方がふんわり柔らかく乾いた気がします。また、多少香りがつく分、フレッシュな感じに仕上がります。でも、しわに関してはシートどうこうでなく、乾燥機が終、取り出して畳むことが大事。数分放置しただけでしわしわになってしまいます。

 とうことで、アメリカでDryer Sheets(柔軟シート)を使って洗濯&乾燥してみると、気休め程度効果が見られました。

 気休め程度の柔軟シートですが、次に買うときは学生時代愛用していたダウニーの香りに挑戦してみようと思います。とりあえず105回分の柔軟シートが手元にあるので、気長に使っていきます。
スポンサーリンク