ハリウッドのEl Capitan Theatreで映画鑑賞!

ハリウッド観光については⇒こちら
 ハリウッドの中心部に佇む煌びやかなエル・キャピタン劇場で、ディズニー映画を鑑賞してきました。歴史ある映画館でアメリカ流で楽しむ映画は、いつもと一味違ってよかったです。劇場の様子を紹介します!

El Capitan Theatreとは

エル・キャピタン劇場

 趣ある劇場El Capitan Theatre(エル・キャピタン劇場)はHollywoodの中心部、Chinese Theatre(チャイニーズシアター)の向かいにあります。入り口の豪華さと煌びやかなネオンが人目をひく劇場で、一見映画館には見えません。以前旅行者で訪れたときは、何も知らずに入り口で記念撮影をした覚えがあります。1926年設立の歴史ある劇場で、1941年に映画館へと変身。現在はディズニーの映画館として親しまれています。もちろん英語上映ですが、公式サイトで事前にチケットを予約すれば、旅行者でもディズニー映画を鑑賞できます。

お値段

アメリカの映画館の売店

 入り口では空港のようなセキュリーティーチェックがあります。中に入ると人数多めのスタッフさん達が笑顔で迎えてくれました。この日友人が準備してくれたチケットは$20VIPチケット。1階席のかなりいい位置で、両手でもてるサイズのプラスチックケース入りポップコーンとペットボトルの飲み物つきでした。通常は大人$14、高齢者・子ども$11のようです。別で訪れた映画館が一般$13だったことを考えると、お値段は高くもなく安くもないです。

館内の様子

エル・キャピタン劇場内装

 それにしても装飾が豪華。普通の映画館とは一味違います。昔はボックスシートのバルコニー席もあったんだとか。劇場内はスタッフさんが座席まで誘導してくれます。クーラーがきいているので上着を持って行って正解でした。

アメリカで映画鑑賞

エル・キャピタン劇場ステージ

 いよいよ映画が始まります。以前も見たことのあるディズニー映画ですが、大きなスクリーンのカーテンが開くとわくわくしました。面白いところではあちらこちらから盛大な笑い声があがり、赤ちゃんも結構のびのびと泣いていました。そう、アメリカは自由です!

 最後はみんなで拍手してあったかいムードでエンディング。エンドロール中に退席するお客さんも多かったですが、携帯の画面をチェックしている人はスタッフさんに注意されていました。ここのスタッフさん、結構きっちりしています。

ギフトショップも

エル・キャピタン劇場ギフトショップ

 映画館にはギフトショップが併設されていました。それから、映画の巨大な立て看板の前で写真を撮れる、記念撮影ブースもありました。お手洗いもわりと綺麗でした。

 ディズニー映画を見に行こうという計画でしたが、まさかEl Capitan Theatreで鑑賞できるとは!チケットをとってくれた友人に感謝です。ちなみに、ダウンタウン中心部はかなり渋滞しており、早めにUberに乗ったもののギリギリの到着になってしまいました。車で訪れる人は注意してくださいね。
 
ハードロックカフェ・ハリウッド・ブールバード店については⇒こちら
スポンサーリンク