アメリカで花粉症と戦う~おすすめの薬・目薬・アプリ~

 日本では季節の変わり目(特に春)に、目や首のかゆみ、鼻炎など、花粉症に散々苦しんできたアラサー女です。油断をしていたら、アメリカでも花粉症の症状が出始めました。私が試した薬やアプリを紹介します!

アメリカでも花粉症に

 昨年4月にカリフォルニアに引っ越し、ぱったりと花粉症がなくなったので、「やったーアメリカでは花粉症ならないみたい!」と喜んでいました。ところが1年巡った今年の3月中旬から、急にいつもの不快感が襲ってきました。

 症状としてはこれまでより軽く、目や目の周り、首のかゆみです。散々日本で花粉症を経験してきたので、何かしら私の苦手な植物が芽吹いていることによるアレルギー反応だと確信しました。

飲み薬

アレグラ

 取り敢えず近所のスーパーで飲み薬を探しました。すると、日本でもお世話になっていたアレグラを発見!♪花粉ら~くちんっクラリチンもありましたが、私は少し眠気が来るので♪アレーグラーを迷わず購入。

 調べてみるとアメリカのアレグラは日本の1.5倍サイズ。1日1回服用の錠剤を最初は半分にカットして朝・夕飲んでいました。ただ、私は夜シャワーを浴びた後と寝起きに一番症状が出るため、結局夕食後にアメリカンサイズ大きめ1錠を飲むようになりました。さすがアレグラ様。数日でかゆみがおさまりました。

塗り薬

花粉症塗り薬

 首の赤み・痒み、目の周りの赤み・痒みには、日本の皮膚科で処方してもらった塗り薬も使っています。ただ、本当に痒くて耐えられないときだけ使用します。試しにアメリカの皮膚科で処方されたimpoyzというクリームを首に使ってみましたが、とくにしみることもなく、効きました。目の周りはお医者さんに聞いてなので使ってません。

目薬

目薬

 日本では、花粉の時期にはアルガード クリアブロックZを愛用していました。同様の効果を期待して、スーパーでCLEAR EYES maximum itchy eye reliefという強烈そうな名前の目薬を買ってみました。残念ながら、これはとっても相性が悪かったようで、痒みがおさまるどころか、しみて痛くなってしまいました。結局、我慢がならないときはROHTO Dry aidを使っています。もともとドライアイ用なので気休め程度です。日本のアルガードの威力を痛感し、次帰国したときは必ず買ってこようと決めています。

目薬

アプリ

タブレットとコーヒーカップ

 花粉の飛散状況を予想するのとは少し違いますが、リアルタイムで空気の汚れ具合をチェックできるIQ Airの『AirVisual』というアプリも使っています。勧めてくれた友人は、山火事が頻発し空気の汚れが気になる時期に、子どもを外遊びに連れて行くかの判断材料にしているそうです。

メイク

 その他気を付けているのは毎日のメイクです。アメリカに来てからは日に日に手抜きになっていますが、花粉症の症状が出だしてからは、できる限り肌に負担をかけないようにしています。基本的にオーガニック系の日焼け止め下地&ノンケミカルのお粉、アイメイクは一切しません。日本で働いていたころは、接客の場面もあったため、そうはいきませんでしたが、花粉用メガネでごまかしたりもしていました。ここアメリカは皆さん身だしなみが自由なので助かります。

 大学時代から毎年苦しんできた花粉症。海外にいる間はおさまった時期もありましたが、ここカリフォルニアでは春先に襲ってくることがわかりました。幸い日本ほど強烈ではないので、うまく付き合っていこうと思います。

スポンサーリンク