【国際線】別々に購入した航空券!座席変更で隣同士にできた話

 先日、私がもともとH.I.Sでとっていた復路のチケットに合わせて、夫の往路チケットを確保し、アメリカから一緒に帰国ました。なぜか後からとった夫だけ、“スカイプレミアム”の良いシートになっており、DELTAコールセンターから「隣同士の席にダウングレードするにはお金がかかる」と言われていました。(詳しくはこちら)空港で再交渉し、とってもラッキーに帰国した話を紹介します。

航空券座席変更のタイミング

 当日空港でもう一度交渉。チェックインカウンターではなかなかの雑な対応で、ゲートで聞いて」と取り合ってもらえませんでした「無理かもね」とあきらめつつ、搭乗ゲートで日本人のDELTAスタッフさんにもう一度お願いをしました。「すでに満席なので、しばらくお待ちください」と言われ、隣同士の席にするために夫の席をダウングレードしてもいいことを確認されました。

 しばらくするとアナウンスで呼ばれ、さっきの日本人スタッフさんが「Congraturation~‼」と両手でチケットをパタパタしながら、並びの席にできたことを伝えてくれました。スタッフさんのフレンドリーなジェスチャーがあまりに可愛くて、「ありがとうございますー!」と夫と大喜びしました。

日本人スタッフさんの神対応

 後から落ち着いてチケットを見てみると…あれ、2人ともプライムシートになってる?!どうやら、私のエコノミーチケットがアップグレードされ、並びで2席とってくれたようでした。これは夫も私も予想外。上機嫌で搭乗しました。搭乗口スタッフさんの神対応としか言いようがありません。交渉事は日本人のスタッフさんにした方が良いです。

DELTA航空『スカイプレミアム』

 DELTAプレミアム/スカイプレミアムの席はシートにゆとりがあり、ヘッドホンがやたらおしゃれでした。往路ではアメニティグッズに入っていなかったいい香りのハンドクリームも入っており、乾燥しまくる機内で重宝しました。なんとかしてこれからもプレミアムシートを使いたくなりました。

 なにより、1人で乗っているのと2人で乗っているのでは時間のたち方が全然違います。行きの飛行機よりもたっぷり休め、大満足の空旅でした。
スポンサーリンク