【ロサンゼルス】DreamWorks本社!スタジオ見学に行ってきた!

 ロサンゼルス郊外、グレンデールという町にあるDreamWorks Animation SKG, Inc.(ドリームワークス・アニメーション)の見学に行ってきました。アカデミー賞を受賞したアニメ映画「シュレック」や、「カンフーパンダ」、「マダガスカル」が生まれたスタジオの様子を紹介します。

ドリームワークスとは

 アメリカでは名の知れた映画製作会社のひとつ、DreamWorks。三日月の上に男の子が腰かけて釣りをしているロゴは、映画を見る人には馴染み深いシンボルです。実は、かの有名なスティーブン・スピルバーグも創設者の一人!2004年に長編アニメ映画を手掛けるドリームワークス・アニメーションが設立され、現在ここグレンデールキャンパスでは、約1200人のアニメ制作者たちが働いています。

見学予約

ドリームワークスゲート

 予約をするには社員とのコネが必要です。社員経由で事前に予約をし、セキュリティーゲートではパスポートなど身分証を提示します。見学者シールを胸に貼り、敷地内は必ず招待した社員が同伴します。(追記;2020年より見学時間が午後に限定されるそうです。詳しくは社員にご確認ください。

 入ってすぐ、巨大なシュレックがお出迎え!建物の外は写真撮影もできます。

シュレックの像

ドリームワークス本社の様子

ドリームワークス中庭

 敷地内は、まるでディズニーランドのような造りになっており本当にキレイです!噴水や広場、池の周りのテラスや自由に団らんできる場所があり、見て回るだけでリラックスできます。

無料ランチ

ドリームワークスランチ

 見学に行く人は、お昼の時間帯を狙っていくのがおすすめです。なんと無料の社員食堂は見学者も食べ放題!ちょうどIKEAの食堂のよう。メニューも豊富で、食堂前では目の前で肉を焼いてくれたり、ソフトクリームを自分でデコレーションしたりできて楽しいです。(追記:残念ながら2019年12月をもってゲストの無料ランチはなくなったそうです。

イベント

ドリームワークス広場

 社員さんによると、日によっては広場でヨガクラスがあったり、子ども達を招いて過去の作品の上映会をしたりと、楽しいイベントもたくさんあるらしいです。特にハロウィンは仮装をした子ども達が集まり、ファッションショーなど見どころも目白押し。噴水も血の色に染まります!ホームページでイベント予定は公開されているので、訪れるチャンスがある人はぜひともチェックして下さい。

アニメーターたちの仕事場

ドリームワークス内部

 実際に才能豊かなアニメーターたちが次回作を制作するフロアも、社員同伴で見学できました。全体的に照明が少し暗くなっており、思い思いに飾った個人ブースは皆さん個性が爆発しています。写真撮影はできないけれど、貴重な原画や、イメージを共有する背景画がたくさん飾られた廊下など、アニメ好きにはたまらない空間です。

本物のオスカー像

トロフィー

 受付横には過去の作品が受賞したトロフィーが飾られています。それから、かなり小さいけれどお土産やさんもあるので、記念にグッズを購入できます。

 実は前回紹介したディズニー・スタジオ(詳しくは⇒こちら)とは車で10分弱の距離。アニメーター同士コネクションがあるようなので、もし運よくどちらかの社員とつながったならば、話をつないでもらって、両方のスタジオ見学をしてみることをおすすめします!
スポンサーリンク