アメリカで『チアシード』スムージー!~作り方と効果~

 ある日アメリカのスーパーでうろうろしていると、ナッツコーナーで『CHIA SEEDS』を発見しました。「これがスーパーフードと言われるチアシードか!」と物珍しさから即購入。美味しい食べ方とその効果を紹介します!

チアシードとは

 メキシコではマヤの時代から食べられていた、ミント科の植物チアの種。食物繊維が豊富栄養価も高く、ハリウッドセレブを中心に美容やダイエットに効く「スーパーフード」として注目が高まりました。無味無臭で水を吸わすとプチプチ食感のゼリー状になります。ここアメリカでは11oz(312g)、$4ほどで売っています。1日の摂取量大さじ1杯で考えると、約20日分。一日20セントです。コスパ最強です!

チアシードスムージーの作り方

 我が家で定着したチアシードスムージーの作り方をご紹介します。

①水分を加える

 ズボラな私は初めからミキサーのボトルで作っちゃいます。大さじすり切り1杯に水100mlを加え、小一時間放置。

計量カップとチアシード

②待つ

 チアシードが水を吸い出したら、時々振り回して塊ができないようにします表現が最悪ですが「カエルの卵」のようになったらOKです。水を吸うまで最低30分ほど必要です。

チアシード

③スムージーを作る

スムージーとチアシード

 朝起きたらぱぱっとスムージーづくり。チアシードをいれたままミキサーにかけてしまうと、撹拌されてプチプチ食感がなくなてしまいますなので、まずチアシードをグラスに移し、そこから空いたボトルでスムージーを作ります。おすすめは冷凍バナナ+キウイ半個+果物もう1つ(桃がおすすめ!)です。リンゴの皮やマンゴーの繊維質な部分はしっかり取り除いてください。それから「牛乳」+「水」をボトルの半分くらいまで注ぎますはいミキサー!

④よく混ぜる

 チアシードの上からできたスムージーを加え、沈殿したチアシードが全体に行き渡るようにスプーンで混ぜます。完成です!

チアシードスムージー

 飲んだら容器を洗って乾かし、翌日に向けて①の工程に戻ります。ちなみにミキサーは日本でポイント交換で無料GETしたものです。サイズが小さくてちょうど2人分になるので気に入っています。アメリカでは変圧器を使って利用しています。

チアシード+サラダ

 スムージーの果物を買いそびれた日は、ドレッシングと粉チーズにまぎれさせてサラダにチアシードをオン!何と言っても味がないので、プチプチ食感を楽しみながらいただきました。ただ、ドレッシングと一緒にチアシードが流れ落ち、いまいちでした。私たちはやっぱりスムージー派です。

サラダとチアシード

チアシードの効果

 夫と一緒に「朝はチアシードスムージー」習慣を2週間続けてみた結果、私たち2人ともが感じている効果はというと…

満腹感がある

 朝チアシード(一人分大さじ0.5杯)入りのスムージーを飲むと、なんと昼ごろまで腹もちするから驚きです。空腹の日はスムージーではなく、果物とヨーグルトにチアシードをかけて食べると朝食感がアップします。チアシードのおかげで、噛みながら時間をかけていただくので、「食べている」という実感があるのだと思います

お通じが良い

 また、チアシード習慣を始めてから、お通じバッチリです。チアシードをはじめてから常にお腹の中がスッキリしているかんじです。私は生理前後に便秘になりやすいので、随分助けられています。

 アメリカに移住するとき、食べ物の変化で激太りするのではないかと心配していましたが、夫婦ともども、今のところ日本に住んでいた時より健康です。ジムに行ったり、自炊したり、「気を付けないと」という意識が高まったからかもしれません。数年たっても同じ発言ができるように頑張ります!
スポンサーリンク